エアコン

おそうじ機能付きエアコンがダメな4つの理由!本当はお掃除してないんだよ!

エアコン

おそうじ機能付きのエアコンを買えば、壊れるまで一切掃除しなくていいと思ってませんか?

正直に言います。

 

『掃除しなくていい』はウソ。

 

おそうじ付きエアコンでも掃除しないとダメですよ。

 

実は、おそうじ機能付きエアコンの内部はめっちゃ汚いんです。

掃除を一切しなくていいと思って買っているので、数年間全く掃除をしませんよね。

そう思って掃除しないと、数年後にはエアコンからカビ臭い風が出てきて驚きます。

 

「おそうじ付きだから、エアコンはキレイなはずよ!なんでーっっっ!?」

それは、エアコンの掃除をしていないからです!(・ω・)ノ

 

元電気屋の僕が、なぜおそうじ付きのエアコンがダメなのか解説しようと思います。

 

理由その1 エアコンの内部を掃除しているわけじゃない

エアコンのおそうじ機能がエアコン全体を掃除しているわけじゃないです。

 

おそうじ機能が働いているのは、フィルター部分がメイン。

グレードによっては、エアコン内部まで掃除してくれるものもあるけど、実際はしっかりと掃除できていません。

このフィルター掃除の精度が高くなくて、ホコリを完全に取り除けないんです。

 

フィルターがきれいに掃除できていないと、エアコン内部にホコリを吸い込んで、カビが発生しクサい臭いを部屋中にお届けすることになります。

 

スポンサーリンク

理由その2 エアコンのおそうじ機能に限界がある

おそうじ機能が搭載されていると、エアコンの汚れた部分をすべて取り除いてくれると思ってしまいがちですが、実はそうじゃないです。

洗浄液を使って、隅々まで掃除できる技術をエアコン内部に取り付けるには、かなり高度な技術と洗浄機能をコンパクトにする必要があります。

 

洗浄技術を高めて、さらに洗浄する機械を小さくするのがめっちゃ大変なんです。

この機能がもし搭載されるようになっても、エアコン本体の価格が爆上げして、セレブしか買えないものになってしまいます。

 

かなり大げさな言い方をしましたが、結構マジです。

エアコン内部に取り付けるおそうじ機能には、少し限界がありますね。

 

理由その3 いつかはエアコンの掃除が必要になる

僕が電気屋時代にエアコンメーカーの営業マンとおそうじ付きエアコンについて聞いたことがあります。

「おそうじ付きエアコンって本当に掃除なしでいいんですか?」って。

エアコンの取り替えをしたお客さんのおそうじ付きエアコンの内部がめちゃくちゃ汚れていたので……。

 

どのメーカーの営業マンも

 

「いつかは業者の掃除が必要になります」

 

という答えでした。

おそうじ機能が搭載されているエアコンであっても、いつかは僕たちが掃除をしないといけないってことです。

 

おそうじ機能があるからといって、10年も何もしないままではダメってこと。

 

 

理由その4 おそうじ付きエアコンの洗浄には費用がかかる

エアコンを丸ごと洗浄することができる『エアコン洗浄』ですが、おそうじ付きエアコンの洗浄は結構高いです。

機種やメーカーによって少し異なるけど、2万〜3万円ぐらいします。

せっかくおそうじ付きエアコンを買ったのに、洗浄にお金がかかっては意味ない!

 

エアコンを洗浄したら、もっとお金がかかってしまった話

最悪のケースをお話すれば、エアコンを洗浄するのに部品を外していきます。

この時にエアコン本体を触ってしまい、うまく水が排出されず部屋の壁を汚してしまうケースが多くあります。

 

僕も電気屋時代に、このようなケースを見たことがあります。

実は、エアコンは部屋の湿気をとった水が外に流れていくようにすこーしだけ傾けてあります。

この傾きが洗浄作業によってズレてしまうと、水が外に流れず部屋の中へ漏れ出してきます。

エアコン洗浄の後のトラブルは結構あるので、洗浄する際は十分に気をつけたほうがいいですよ。

 

おそうじ付きエアコンはオススメしない

せっかく高いお金を払って、おそうじ付きのエアコンを買ってもしっかり機能していなかったらマジで意味ないです。

しかも、数年後にはエアコン自体の掃除も結局必要になってくるので、そこまで重要な機能だとは思えません。

 

僕は、おそうじ付きのエアコンよりも手動でフィルターが掃除できるエアコンをオススメします。

価格もおそうじ付きのエアコンよりも安いからね。

 

おそうじ機能付きエアコンの『フィルター掃除を一切しなくいい』ってのはウソ。

[kanren2 postid = "234”]