ライフスタイル

台風で停電したらどうする?新生児がいる場合の災害対策

停電対策

日本各地に大きな被害をもたらした台風21号。この台風の影響で我が家は25時間も停電しました。

ものすごい風と雨、そして真っ暗な部屋の中で生後1か月の赤ちゃんと長く過ごすことになるとは。

人生で初めての停電が新生児がいるという特殊な状況。

こんなにも災害に対して準備ができていなかったのかと、反省するほどでした。

そこで新生児がいる場合、どんな対策をしておけばいいのか今回の台風で気づいたことや準備しておく物をメモがてら書こうと思います。

停電したときの明かり対策

家中真っ暗なので、赤ちゃんがかなり怖がっていました。

さらに強い風と雨でガタガタ音がうるさくて、いつもと違う状況に怯えている状態。

普段は見えるパパとママの顔が見えないのに、声だけするからなんじゃないかと思います。

真っ暗な部屋を少しでも明るくするために、懐中電灯とろうそくは準備しておきましょう。

懐中電灯はあるけど、電池が切れているたり電球が切れていることもあります。十分注意してください。

電池切れで乾電池を探すのに、すげぇ大変でした。(笑)

ただ今回の停電で感じたのは、ろうそくはちょっと微妙だなと。手元だけが明るくなるだけなので、部屋全体を照らすには相当な数のろうそくが必要だから。

やっぱり懐中電灯が使いやすくて最強です。

寝るときに役立つ明かり

寝るときに役立つ便利なのは、人感センサーつきライト。

夜中寝ているときにおむつ替えや授乳をするときに、少し明かりが欲しいときに役立ちます。

懐中電灯をつかっぱなしにしてると電池がもったいないし、寝起きの状態で暗闇の中懐中電灯を探すのが大変です。

寝ているときは消えて、起きたら点灯してくれるのでマジで便利。

駐車場に設置していた人感センサーライトが意外と役立ちました。

スポンサーリンク

停電したときの暑さ対策

今回の停電は9月4日に起こりました。

まだまだ暑いからエアコンを使っていましたが、停電によりストップ。

これはマジでしんどかった…。

うちわで扇いだり、保冷剤を使ったりして赤ちゃんの体温を調節しました。

大人は「あーづーいー!倒れそう!」とか言えるけど、赤ちゃんはそんなこと言えないのでギャン泣きです。

ケーキやお菓子に入っている保冷剤は捨てずに、冷凍庫の中に保管しておきましょう。

こんなにもエアコンや扇風機がこんなにも偉大なものなのかと、あらためて思いました。

停電したときのお風呂対策

ガスや水道は止まっていないからお風呂に入れるんだけど、浴室が暗すぎて怖がります。

さらに暗闇の中、赤ちゃんを抱いてお風呂に入るのはマジで危険です。

足元見えないし、何かにつまずいてコケたら大変!

だからお風呂に入れずに、おしりふきや濡らしたガーゼで拭いてあげました。ガーゼで顔、おしりふきで体全体を拭きます。

おしりふきで顔まで拭くのは、なんとなく抵抗があったので…。(笑)

停電したときのミルク対策

オール電化の場合、お湯を作ることができないのでミルクも作れません。

これはホント困ります。

大人は水を飲んでおけばなんとか耐えられますが、赤ちゃんはミルクじゃないと暴れます。

カセットコンロでお湯を作って、ミルクをあげました。

手元が暗いので、火事にならないよう火の取り扱いには十分注意して行ってください。

停電したときのスマホ充電対策

スマホの充電がなくなるんじゃないかとマジで心配になります。

テレビもつかないので、スマホから情報収集するしかありません。

そこで役立ったのがモバイルバッテリー

旅行用に買っておいたモバイルバッテリーがめちゃくちゃ役立ちました。

情報収集のほかにLEDライトを使って懐中電灯がわりにしたり、赤ちゃんを落ち着かせるために音楽を流したり…。

とりあえずスマホの充電があればいろいろできるので、一つは持っておくといいです。

Poweradd Pilot X7 20000mAh モバイルバッテリー 持ち運び充電器 大容量 2USBポートiPhone iPad Galaxy Xperia Nexus Sony PSvita等対応 2018年新版(ブラック)
Poweradd

まとめ

電気が止まっただけで、家の中はほぼキャンプ状態。

こんなに電気に頼っていたのかと、今回の台風で災害に対する考え方が少し変わりました。

今までは、どーにかなると思っていたけど、子どもを守るためいろいろな対策や準備をしておかなければなダメなんだと。

家にある懐中電灯やカセットコンロなど、一度チェックしてみてください。

このブログがいつか誰かの役に立つことを願って。