妊娠後期

出産する前に旦那がしておくべき5つの準備とは

出産準備

出産はパパのサポートが超ウルトラスーパー大事です。

メインはママだから、産まれてくるまで見守ってればいいなんて考えは甘い!

 

サポート役のパパは、人生で一番忙しいと思えるほどやることがいっぱいです。

社会人一年目の新入社員並みにやることが多く、クリスマス時期のケンタッキーの店員並みに忙しいです。

伝わりにくい?つーたーわーれーーー!!!

 

まぁとにかく忙しいてこと。

いつ産まれてもおかしくない時期になったら、僕が紹介する5つのポイントを確認してみてください。

 

1. 急な入院に備えて荷物の確認

いつ赤ちゃんが生まれてもいい時期(正産期)になったら、入院する時に持っていく荷物の確認をしておくといいです。

  •  病室に持っていく荷物
  •  助産師さんに渡す荷物
  •  出産後に旦那が持っていく荷物

など。

いつ・どんな時間に陣痛がきてもいいように出動の準備しておきましょう。

ついでに荷物の中身も確認しておくことも忘れずに!

 

妻は夜中の3:30に破水しました。

その時僕は、気持ちよく爆睡中で

妻の「破水してるーーー!!!」の声に飛び起き、ソッコーで車を準備したり荷物を積んだり、人生で一番俊敏に動いたと思います。

 

寝起きの状態でも荷物がどこにあるのかすぐにわかるようにして、急な事態にも備えておきましょう。

[kanren postid = "1441”]

スポンサーリンク

2. どこに何があるか知っておく

家のどこに、何が置いてあるのか確認しておきましょう。

この確認が意外と大事!

 

いつも自分が使うものはどこにあるか分かっているけど、あまり使わないものはどこにあるのか全く知らないことないですか。

ある程度、どこに何があるのか夫婦で話し合って情報を共有しておいてください。

 

一人の時、どこに置いてあるのか分からないとマジで泣けてきます。

だって、聞く人いないんだもん…。

 

家中の引き出しをひたすら開けまくって、見つからない時の絶望感はハンパないです。

 

あと、病院にいる妻から

「〇〇 持ってきて」と必要なものを持ってくるように頼まれた時、すぐに見つけられないとパパの好感度…めっちゃ下がります。

「あれ?どこにあるんだ?アタフタ…アタフタ…」

これはダサすぎる。

 

「あーあそこにあるアレね!オッケー!」

 

って感じで対応できるとかっこよく頼もしく感じるから、どこに何が置いてあるのか把握しておきましょう。

 

3. 家事ができるように

出産したらすぐに退院するわけじゃなくて、最低でも5日間ぐらいは入院します。

だから、家に帰ったらパパは翌日まで一人で過ごさなければなりません。

 

家に帰ったら洗濯物をしたり、掃除したりしてママが帰ってくる準備をしておきます。

毎日病院に持っていくものやママが着たものなどの洗濯がメイン。

だから、洗濯機の回し方や掃除用具がどこにあるかも確認しておいてください。

 

一人で家に帰ってからもいろいろやらなければならないので、けっこう疲れます。

ぼーっとダラダラ過ごす時間はないと思って!

マジで忙しいから!

 

4. 手続きの確認

出生届や子供手当は生後15日以内に、住んでいる市役所に提出しなければなりません。

しかもママが入院しているので、届出などの手続きはパパの仕事です。

あらかじめ何が必要なのか確認しておきましょう。

 

出産してからは病院に行ったり市役所に行ったり、本当に忙しいから暇なうちにしっかり調べておくのがいいと思います。

 

5. ガソリンは満タンにしておく

車で移動することが多いなら、入院する前にガソリンは満タンに!

 

もぉガソリンすら入れている時間がもったいないと感じるレベル。

 

だから出産予定日の数日前には、ガソリンを満タンにしておきましょう。

退院の日までガソリンを入れなくても済むぐらいの感じで、計画的に入れておくといいと思います。

 

全力でサポートするべし!

出産の時、パパのサポートは本当に大切だと思います。

妻も「一人じゃ赤ちゃん産めなかった…」と。

僕がサポートを頑張ったおかげ!とは言わないにしても、我ながら頑張ったのではないかとw

 

ちょっとやりすぎなんじゃねぇ?って思うぐらいのサポートでちょうどいいぐらいです。

初めてのことでたくさん不安なことがあると思うけど、ビシッと男ってやつを見せてやりましょう。

[k[kanren postid = "1454”]p>