エアコン

エアコンクリーニング をオススメしない3つの理由とは?クリーニングするよりフィルター掃除しろ!

エアコンクリーニング

 

[aside type=”boader”]

エアコンをクリーニングしたら、新品に近い状態になる

カビやホコリが全てキレイに取れる

エアコンの寿命を伸ばすことができる

[/aside]

 

と思っている方、要注意です。

 

なぜなら、エアコンクリーニングをしても新品に近い状態に生まれ変わったり、カビや汚れが全て取り除けるわけではないからです。

さらに、エアコンを長く使えるどころか、故障してしまう可能性だってあります。

 

今回は、元電気屋の僕がエアコンクリーニングをオススメしない理由を書こうと思います。

 

エアコンクリーニングをしても新品同様にはならない

エアコンクリーニングと聞くと、エアコンの細部まで全てキレイにそうじしてもらえると思いがちです。

しかし、実際はそうでないことが多いです。

 

業者によって、どこまで掃除するのかが違いますし、クリーニングプランの価格によっても違ってきます。

エアコンの熱交換器部分やフィンの部分を掃除することをクリーニングと呼ぶ業者もいれば、ドレンバンや送風ファンといった細かい部分まで掃除してくれる業者もいます。

依頼する業者によって、クリーニングの仕方もいろいろです。

 

また、エアコンを分解してクリーニングしますが、どうしても分解できない部分があります。

水をかけてはいけない基盤部分がその代表です。

この部分の掃除はできず、周辺にホコリやカビが残ったままになることも少なくありません。

 

エアコンクリーニングをしても新品同様には生まれ変わらないです。

 

スポンサーリンク

エアコンクリーニングは故障や水漏れの原因になる

エアコンクリーニングができない部分もあることを紹介しました。

基盤などの水がかかってダメですから、もちろん洗浄できません。

電源部分に水がかかってしまっては、故障の原因になっちゃいますからね。

 

自分でクリーニングするのも絶対にダメですよ。

 

また、エアコンは本体が少しだけ傾きを付けてあります。

なぜ少しだけ傾けているのかというと、エアコン内部の水を外に排出するためです。

見た目はほぼまっすぐに室内機が取り付けられるので、パッと見ただけでは傾いていることはわからないです。(水平器で計るとわかる程度)

 

この傾きがエアコンクリーニングによってズレてしまい角度がなくなってしまうと、水がうまく外に排出されず、室内に漏れ出てきます。

部屋に水が漏れたらめちゃくちゃ大変です。

 

壁にシミができたり、エアコンの下にテレビなどの電気製品があれば故障するかもしれない。

クリーニング前は正常だったのに、クリーニング後に故障してしまうことがすごく多いです。

 

エアコンクリーニング業者の良し悪しがわからない

エアコンクリーニング業者も様々で、腕のいい業者もいれば知識が浅く手抜き作業をする業者もいます。

見た目だけじゃ、どの業者が良いのか悪いのかなんてまったくわかりません。

 

うわべだけの知識で適当にクリーニングしてしまうと、マジで壊れます。

腕の良いクリーニング業者がいいに決まっていますが、どの業者が腕の良い業者なのか見極められないのが現状です。

 

結局どうすればいいの?

こまめにフィルターの掃除をするのが一番効果的です。

 

新しいエアコンを購入したら、こまめにフィルターの掃除をしてください。

数年間ほったらかしで、カビ臭い風が出てきてからエアコンクリーニングしても意味がないです。

多少はよくなるとは思いますが、クリーニング費用を考えるとその価値は……。

 

意味がないっていうのは言い過ぎかもしれませんが、クリーニング費用ほどの価値はないですね。

 

こまめにフィルター掃除をして、ホコリを取り除くことがエアコンを一番長持ちさせる方法です。

 

エアコンクリーニングは大したメリットはない

エアコンクリーニングは意外とメリットが少ないです。

僕も電気屋時代に、エアコンクリーニングした途端に故障したお客さんを多くみてきました。

 

クリーニング後に故障しちゃって、新しいエアコンを買うことになったお客さんはかなり多かったですね。

クリーニング費用でワンランク上のエアコンが変えたりしますからね。

 

数年後にエアコンクリーニングを依頼するよりも、フィルターの掃除をした方が絶対にお得です。