クルマ

ドラレコを買うならムズい配線作業ナシのKENWOODが最高に良い!

ドラレコ

たくさんの危険な事故映像をテレビで見ていると、万が一の時のために自分の車にもドライブレコーダーをつけようかなって思いますよね。

でもいろんなドライブレコーダーがありすぎるから、結局どれがいいのかわからなすぎて、最終的には「ドラレコの中で一番いいやつ買うわ!」とムダに高価なドラレコを選びがちです。

この記事では、高価なドラレコじゃなくてもしっかり映像が録画できて配線が簡単な『KENWOODのドラレコ(DRV-610)』の使用レビューをお届けします。

KENWOODのドラレコ使用レビュー

KENWOODのドラレコの何がいいって、本体の取り付けが簡単にできること。シガーソケットに差し込んで、本体をフロントガラスにつけるだけ。

車を素人が下手にいじると車検が通らなくなったりするので、取り付けはちょっとビビりますよね。

だけどKENWOODのドラレコは、ムダな配線作業や専用の工具などが必要なく取り付けられるので、超絶素人が取り付けてもまったく問題ないです。

本体をフロントガラスに貼り付けたら、シガーソケットに電源部分を差し込んで

ドラレコ配線01

配線を隠したら、設置完了です。

ドラレコ配線

車に取り付けるものって、配線がとにかく面倒で難しいじゃないですか。この配線が簡単にできるのはホント助かります。

スポンサーリンク

そのほかの機能・オプションなど

KENWOODのドラレコに付いている機能を紹介します。

  •  走行中の映像がとにかくキレイ
  •  駐車監視・運転支援機能がある

中でも『駐車監視機能』が重宝する機能だと思います。コンビニなどでほんの少しだけ駐車しているときも録画してくれる機能です。

車のエンジンがOFFになっても、一定時間録画されたり衝撃を検知して動画を自動保存してくれます。この機能があったおかげで、コンビニの駐車場で事故って消耗した話の証拠映像が保存できました。

安全運転心がけてるからドラレコなんて必要ないって思っていましたが、大間違いでした。

走行中の映像がとにかくキレイ

フルハイビジョンを超える3Mで録画されるので、超絶キレイで鮮明に記録できます。

また、トンネルの出入口付近でおこる「白飛び」や「黒つぶれ」抑えてくれる機能やLED信号機のノイズ対策もしっかりされています。

通常のカメラだとLED信号機が点灯していないように録画されてしまうので、事故当時信号が何色だったかの判断が難しくなります。LED信号機でもしっかり・くっきり録画できるのは普通に感動です。

もちろん昼夜問わず、車の色・車種・ナンバープレートはしっかり確認できるレベルです。

運転支援機能はオ・マ・ケ

前方衝突警告・車線逸脱警告・発進遅れ警告など、運転支援機能が付いていますが、ハッキリ言って微妙です。

何もないところで警告音が鳴ったり、発進が遅れているのに警告音がならなかったり、かなり気まぐれ…。

この機能を頼りに運転するのはかなり危険です!

ドラレコを実際に使ってみた結果…

昼も夜も綺麗に録画できているし、車のナンバープレートもしっかり確認できるます。こんなに綺麗に録画できるとは、正直思っていなかったですね。

事故が起きないように、お守り代わりにドラレコを取り付けておくのもいいと思います。適当に選んで中途半端な安物を買ってしまうと、絶対に後悔します。

これからドラレコを買おうと思っている方の参考になればうれしいです。