妊娠・出産

赤ちゃんの将来のために『臍帯血保管』を申し込んでみてくれないか

臍帯血

我が子のためならなんでもしたい!

病気やケガをしないで健康に育ってほしいと思っているのは僕だけじゃないはず…。

子供を持つ親ならそう考えると思います。

 

今まで自分のことしか考えていなかったけど、妻が妊娠してから考え方が大きく変わりました。

子供が安心して生活できるなら何でもしてやりたいってね。

 

日本の医療が進んでいるっていうけど…

日本の医療はすごく進んでいると言われています。

だけど、すべての病気を治すことは難しく、明確な治療法がない病気も存在しています。

 

もし自分の子が十分な治療法がない病気になってしまったら?

 

いくら医療が進んでいる国とはいえ、十分な治療法のない病気は多額の治療費がかかったり、治せる可能性が低かったりします。

これだけ医療が進んでいるのに、治せない病気になるかもしれないと思ったら不安になってきますよね…。

 

スポンサーリンク

子供の病気が救えるのはママしかいない

十分な治療法がない病気に対して、どんな方法でもいいから治してあげたいと思います。

少しでも可能性があるなら、難しい手術でも何でもいいから受けさせてあげたいと。

 

そうなった時に頼れるのはママなんです。

 

我が子を救うための保険について、いろいろ調べているうちに

『さい帯血保管』というものを知りました。

 

これは十分な治療法がない病気になってしまったとき、この「さい帯血」を使って治療が受けられるというものです。

 

赤ちゃんとママをつなぐ胎盤とへその緒に血液を使って栄養や酸素を受け取っているのですが、その時に使われている血液がさい帯血なんです。

この血液の中に含まれる幹細胞がいろいろな病気の治療に役立てられるのではないかと注目されています。

 

いろいろな可能性がある『さい帯血保管』ってどんなもの?

さい帯血とは、胎盤とへその緒の間に含まれる血液をいいます。

出産のときにしか取れないめちゃくちゃ貴重な血液を保存する方法が『さい帯血保管』です。

 

この血液には血管・筋肉・軟骨・神経などを作る幹細胞が豊富に含まれていて、治療法のない病気にも役立つのではないかと言われていて、再生医療の分野で大きな関心が寄せられています。

出産のときに採取できるさい帯血を再生医療や細胞治療の目的で、赤ちゃん自身はもちろんパパやママのために血液を保管するサービスなんです。

 

どんな病気に役立てられるのか

ママのさい帯血を使って現在行われている臨床試験は

  •  脳性麻痺
  •  自閉症
  •  外傷性脳損傷
  •  小児難聴
  •  低酸素性虚血性脳症

 

一般的に治療が難しいとされている病気に対して、保管しておいた「さい帯血」を使って治療が可能となります。

 

ステムセル研究所のさい帯血保管を申し込んでみた

いろいろな病気の役に立つ可能性がある『さい帯血』を申し込んでみました。

さい帯血が保管されるまでの流れはこんな感じ。

臍帯血03

まずは公式サイトから資料請求

ハガキやフリーダイヤルでも申し込みできるけど、ネットから必要事項を記入して申し込む方が早いと思います。

お昼ぐらいに申し込みをして、次の日には資料が届きました。

 

仕事がめちゃ早いw

臍帯血07

資料が届いたら申込書に記入

契約書や依頼書な、健康調査シートに記入。

臍帯血06

あとは、血液検査の結果が書かれたものを用紙します。これは母子手帳に書いてあるので、それをコピーして返送。

 

こんな感じで感染症がないかなどのチェックがされるので、5つの項目が記載されているかしっかり確認してください。

臍帯血04

僕は一つ項目が抜けていて、もう一回送ることに…。ちゃんと確認しましょう。

 

さい帯血キットが送られてくる

書類に不備がなければ、さい帯血を採取するキットが送られてきます。

臍帯血01

僕たちが中を開けて準備することは特になく、入院するときにこのまま一緒に持っていけばいいだけです。

あとは産婦人科の方がすべてやってくれます。

臍帯血02

ここまでお金は一切かかっていません。

 

0円。

 

さい帯血保管に必要な費用は、出産後にしっかりと血液が採取できて保管ができる状態が確認できてから支払います。

なので、さい帯血が採取できなかった場合は費用を請求されることはありません。

>>ステムセル研究所

 

気になる『さい帯血保管』の費用は?

さい帯血を保管する期間によって費用が異なります。

  •  1年  195,000円
  •  10年   240,000円
  •  20年  290,000円

 

20年が経過しても、さらに延長して保管を更新することも可能です。

  •  1年保管 5,000円
  •  10年保管 50,000円

 

この金額設定が絶妙ですよね。

ちょっと高いけど、払えない金額じゃないっていうね。

 

さい帯血は子供が病気にならなければ使うことがないので、20年健康であると思えば保管する必要がないし申し込む必要もないです。

 

でも、絶対に病気にならない保証なんてないですよね。

 

この見極めが難しい。

 

出産や育児にお金がかかって、さい帯血保管の費用まで払っちゃうと…。って一瞬思ったけど、今しか採取できないし後悔はしたくないと思ったから申し込みすることに決めました。

 

さい帯血は、出産の時にしか採取できない

さい帯血は出産のときにしか採取できないから、めちゃくちゃ貴重な血液です。

この血液さえあれば治る病気もあると言われています。

使わないほうがもちろんいいけど、もしもの時のお守り代わりに申し込んでおいて損はないと思います。

 

僕たち夫婦は生まれてくる子供に、親として最初にできることとして『さい帯血保管』をすることに決めました。

 

僕が生まれた頃にはなかったこの治療に、たくさんの可能性を感じたからです。

さい帯血を一度も使うことなく、大人になってくれることを信じていますが…。

 

こういったものは、なかなか耳にする機会が少なくて「よくわかない」「なんか怪しい」と思いますが、これから出産を控えているママやパパに知ってほしいです。

僕の体験が参考になればうれしく思います。

>>ステムセル研究所

[kanren postid = "873”]

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA