妊娠・出産

寿司を食べたい妊婦が注文してもいいネタ8個とは

妊婦 寿司

妊娠中は、お寿司を食べるのを控えた方がいいと言われています。ダメだと言われると、食べたくなっちゃうんですよね。

妻はつわりの時期に「寿司が食べたい…寿司が食べたい」とずっと言っていました。どーしても食べたいというので、産婦人科の先生に聞いてみたところ

お寿司を食べてもいいけど、ちょっとだけ制限があるんやで!」と。

先生のおかげで妊娠中の妻でも安心してお寿司が食べられたから、その経緯を書こうと思います。

妊娠中に食べてもいいお寿司ネタは?

妊婦さんが食べられるお寿司のネタは8個

  •  サーモン
  •  ウニ
  •  サバ
  •  たまご
  •  サンマ
  •  納豆巻き
  •  タコ
  •  エビ

なかなかいい感じのネタがそろってますね。

食べていいネタは8個しかないのかよ!と思ったけど、サーモンやウニがOKだからお寿司の雰囲気を十分楽しめますね。

スポンサーリンク

なぜ、妊娠中は控えなきゃダメなのか

産婦人科の先生が教えてくれた『妊婦さんがお寿司を控える理由』は2つあります。

水銀の摂取が多くなると胎児に影響がでる

マグロなどのネタに多く含まれている『水銀』がお腹の赤ちゃんにあまり良くないという理由。

神経発達に影響が出ると言われており、水銀の摂取は控えておいたほうがいいとされています。

マグロやキンメダイ・メバチには、この水銀が多く含まれているためできるだけ避けたほうがいいですね。

とはいっても、影響が出る寿司ネタを食べたからといって、すぐに何かしらの影響がお腹の赤ちゃんに出るわけではないそう。

そうは言うけど、食べるのちょっと怖いですよね。

参考:厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課

食中毒の危険性が高まる

お寿司は生物なので、食中毒の危険性が高まります。

妊娠中は、免疫力が低下するので感染症にかかりやすくなるそうです。

下痢などを引き起こしやすくなり、体調を崩す可能性もあるので注意してください。

まぁなんでもそうだけど、食べ過ぎはよくないですね。ほどほどに食べるのが良さそう。

我慢できずに、お寿司を食べた結果…

寿司

産婦人科の先生から食べていい寿司ネタを聞いたので、安心してお寿司屋さんへ。

妻は「やっとお寿司食べれるー♪」とテンション爆上げです。

妻が注文した寿司は

  •  サーモン
  •  たまご
  •  納豆巻き
  •  かっぱ巻き

ウニも食べてもいいのに注文しないという、なんともお財布に優しいチョイス

 

妻は今まで見たこともない笑顔で、おいしそうに食べていました。そして僕も負けじと寿司を爆食い。

『腹十二分目』ぐらいになるまで食べてしまい、マジで後悔…。

最後のほうに食べた寿司の味は、まったく覚えていません。(笑)

妻が妊娠してから僕も同じで、一度もお寿司を食べていなかったから調子に乗りました。はい。

寿司が食べられないストレスを一番感じていたのは、僕かもしれないです。

新鮮なネタを扱っているお店を選ぶべし

「まぁいろいろ言ったけど、ぶっちゃけ妊婦が食べちゃダメなものはないんだよね」っと先生。

食べ過ぎに注意して、適切な量を食べていれば問題ないとのことです。

だとしても、なんとなく不安だから食べていい寿司ネタしか食べられませんでした。

 

あと今回僕たちがお寿司を食べに行く際に注意したことは、回転系のお店には行かないこと

理由は、新鮮なネタではないように思ったからです。(回転系のお寿司屋さん ごめんなさい。)

お寿司が回転しているお店だと、回っている間に鮮度が落ちているような気がします。だからちょっとだけお高めで、清潔感のあるお寿司屋さんへ行きました。

ザ・すし職人!っといった感じの、角刈りの大将がいるお店がオススメ。

生物を食べるので、できるだけ新鮮なものを扱っているお店を選んだほうがいいと思います。